特別支援教室構想の具体化へ 有識者会議が論点案を検討

これからの特別支援教育の在り方を議論している文科省の有識者会議は2月6日、第5回会合を開き、インクルーシブ教育システムに基づいた、障害のある児童生徒の学びに関する論点案を検討した。

特別支援学校の教室不足の早期解消や、小中学校の通常学級に在籍する障害のある児童生徒が、必要に応じて専門の教員がいる別の教室で適切な指導や支援を受けられる「特別支援教室構想」の具体化を提言した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。