JePでベネッセからのID借用解消を指導 萩生田文科相

高校生の学習や部活動などの記録を電子的に蓄積して大学入試に活用する「JAPAN e-Portfolio」(ジャパン eポートフォリオ)が、ベネッセコーポレーション(岡山市)のIDを取得しないと利用できないことがわかり、萩生田光一文科相は2月7日、閣議後の記者会見で、JAPAN e-Portfolioを運営する教育情報管理機構に対し、ベネッセからのID管理システムの借用を解消するよう指導したことを明らかにした。その上で、調査書やeポートフォリオなど大学入試への活用について、「公開での議論の場を設け、しっかりと検討していきたい」と述べた。

JAPAN e-Portfolioは、高校生の活動成果を学習だけでなく、部活動や生徒会、ボランティア、資格取得、留学体験など主体的な活動を含めて記録し、大学入試などに活用できるもの。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。