【入試改革】経緯説明に批判続出 文科相「課題は文科省」

今後の大学入試の方向性を議論する文科省の「大学入試のあり方に関する検討会議」の第2回会合が2月7日、同省内で開かれ、大学入学共通テストにおける英語民間試験の活用延期と記述式問題の導入見送りに至った経緯の検証をスタートさせた。経緯の説明を受けた委員からは「2020年度に英語民間試験と記述式問題を導入するスケジュールが先にあり、制度設計が追いつかなかった」と批判する意見が相次いだ。議論に加わった萩生田光一文科相は「課題があるまま進んでしまった。大きな課題は文科省そのものにもあったのかと自分自身の反省も含めて思っている」と述べ、文科省の組織的な体質にも問題があったとの見方を示した。

報告された経緯の検証は、文科省の大臣官房政策課がまとめた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。