ゲーム依存症の課題や予防策を報告 対策会議が初会合

厚労省は2月6日、ゲーム依存症の課題や対策について情報共有する「ゲーム依存症対策関係者連絡会議」の初会合を開催した。ゲーム依存症に関連して家族に暴力をふるったり、自殺のリスクが高まったりなどの深刻な事例が報告されたほか、予防策としてスマホの使用開始年齢を遅らせることや家族の使用時間を減らすことがあげられた。

初会合では、久里浜医療センターの樋口進センター長がゲーム依存症についての現状や課題を報告。それによると、全国でネット・ゲーム依存症の治療や相談を行う施設は2018年9月時点で84カ所あり、16年8月時点の41件と比べ2倍以上に拡大している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。