新型肺炎 学校が取るべき対策 文科省健康教育課長に聞く

国内でも感染例が確認されている新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に対する不安が広まっている。萩生田光一文科相は2月10日の閣議後会見で、「さまざまな報道に接して不安を感じている方も多いのではないか。正しい知識に基づいて冷静に行動すること、そのために正確な情報収集、把握をしてほしい」と強調した。感染症に対して学校はどのように対応すべきか。文科省初等中等教育局の平山直子・健康教育・食育課長に聞いた。
症状が出たら医療機関や保健所に相談

文科省では、萩生田文科相を本部長とする「文科省新型インフルエンザ等対策本部」を設置。1月28日付の通知で、政府が新型肺炎を2014年のMERS以来、5例目となる「指定感染症」に定めたのに伴い、学校保健安全法に基づく対応を各学校に要請。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。