高校の定員内不合格巡り ALS患者の舩後議員が要望書

高校入試で、志願者数が定員に満たないにもかかわらず、学力試験の点数が低いなどを理由に障害のある受験生を不合格にする「定員内不合格」を巡り、れいわ新選組の舩後靖彦参院議員は2月10日、沖縄県教委を訪れ、改善を求める要望書を提出した。沖縄県在住で、重度の知的障害により県立高校を定員内不合格となった仲村伊織さんとその家族の声を届けた。

要望書では、定員内不合格となった仲村さんの訴えと、各都道府県の高校教育における合理的配慮の取り組みなどに触れ、志願者が定員内であれば全員を合格とするのが公立高校の責務だとして、障害のある受験生への合理的配慮や環境整備を求めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。