外国人児童生徒の教科書の課題 検討会議が報告書案了承

外国人児童生徒の増加に伴う、教科書の使用上の困難軽減策について議論してきた文科省の検討会議は2月12日、第5回会合を開き、報告書案について大筋で了承した。同案では学習者用デジタル教科書や、障害のある児童生徒向けに制作された音声教材などの活用促進を打ち出したほか、障害者のための教材作成を目的に、教科書の複製などを認めた著作権法第33条について、外国人児童生徒も対象に含めるよう求めた。

文科省の調査によると、2018年度に日本語指導の必要な外国人児童生徒は約5万1000人にまで増加しており、日本での滞在期間の長期化などを受け、児童生徒一人一人の日本語能力も多様化している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。