新型肺炎で政府が緊急対応策 教育相談員の配置など

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大を受け、政府は2月13日、「新型コロナウイルス感染症対策本部」の第8回会合を開催し、総額約153億円に上る当面措置すべき緊急対応策を取りまとめた。国内感染対策として、感染症指定医療機関の治療体制の強化や、マスクの供給体制の確保に努める。また、中国から帰国した児童生徒の就学相談に乗る教育相談員を配置する。

緊急対応策は①帰国者等への支援②国内感染対策の強化③水際対策の強化④影響を受ける産業等への緊急対応⑤国際連携の強化等――の5項目で構成。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。