普通科の在り方などを検討 中教審高校改革WG

高校改革について議論を進める中教審の「新しい時代の高等学校教育の在り方ワーキンググループ」は2月13日、文科省で第6回会合を開いた。生徒の学習意欲を高める高校や普通科の在り方、さらに地域社会との連携方法について検討した。

会合では、高校教育の課題について▽各高校に求められる役割や課題が多様化している▽中学校段階と比べて高校生の学習意欲が低下傾向にある――などと整理。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。