定員内不合格は今後「合格ありうる」 方針を一転、沖縄

高校入試で、志願者数が定員に満たないにもかかわらず、学力試験の点数が低いなどを理由に障害のある受験生を不合格にする「定員内不合格」に関し、沖縄県教委は2月12日、2020年度の高校入試については「合格の可能性はある」との考えを示した。これまでは「学びを保障できない」として、受け入れは困難だとしていたが、これを撤回した。

沖縄県在住で、重度の知的障害により県立高校を定員内不合格となった仲村伊織さん(17)の家族らとの交渉後、県立学校教育課が記者団に明らかにした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。