【入試改革】「2年前ルールを破った罪がある」 検討会議

今後の大学入試の方向性を議論する文科省の「大学入試のあり方に関する検討会議」の第3回会合が2月13日、同省内で開かれ、大学入学共通テストにおける英語民間試験の活用延期と記述式問題の導入見送りに至った経緯について、高校と大学の関係者からヒアリングを行った。高大接続改革の中で、英語4技能の習得と「書く力」の育成が大切との認識は共有されたが、それらを大学入学者選抜で測る制度設計について課題を残したまま、2020年度の共通テスト導入に向けたスケジュールが進んでいった実態が浮かび上がってきた。参加者からは「大学入試には、守られなければならない2年前ルールがある。今回は、それが破られた。受験する高校生に対して、私たちは共通で感じるべき責任がある」と、反省の弁も飛び出した。

最初に意見発表した全国高等学校長協会(全高長)の萩原聡・東京都立西高校校長は、英語民間試験の活用が延期される契機のひとつとなった昨年7月と9月の文科相への要望書について、「英語4技能の推進は支持している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。