高精細複製品を活用して国宝などに親しむ授業 募集開始

国立文化財機構文化財活用センターは2月12日、高精細複製品を活用して国宝や文化財に親しむための「ぶんかつアウトリーチプログラム」の2020年度募集を開始した。

同プログラムは、文化財活用センターが今年度から取り組んでいるもので、高精細複製品を学校の授業などで活用し、文化財に親しんでもらうことを目的としている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。