日本語教師資格で新方針 パブコメ受け新たな案示す

外国人の児童生徒や留学生に日本語を教える国家資格「公認日本語教師(仮称)」について、文化庁の文化審議会国語分科会日本語教育小委員会は2月14日、昨年末に実施したパブリックコメントの内容を踏まえた新たな案を示した。

資格要件を巡って、日本語教育能力の試験合格を原則免除しないことが新たに定められた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。