「GIGAスクールは格差是正につながる」 萩生田文科相

GIGAスクール構想の実現に向けた民間企業との意見交換会に絡み、萩生田光一文科相は2月14日の閣議後会見で、学校のICT環境整備を巡る自治体ごとの温度差や事情によって格差が広がる懸念が出ていることについて、「びっくりするぐらい高い金額でわずかなパソコンの整備をしている自治体の実態も承知している」と述べ、安価に整備できるモデルケースを文科省が提示することで、格差是正につながるとの見方を示した。その上で、「企業側にも良心的な提案をしてもらいたい」と話し、民間企業に協力を求めた。

政府が進めるGIGAスクール構想のロードマップや補助要件、導入後の費用負担については、指定都市市長会から、自治体ごとに状況が異なるとして、国庫補助の対象拡大や事業実施期間の延長など弾力的な運用などを求める意見が出されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。