【読者投票】YouTubeの授業動画 学校は活用すべき?

YouTubeで配信される授業動画が、中高生を中心に視聴数を伸ばしています。弊紙でもムンディ先生(山崎圭一教諭)、葉一(はいち)さん、シオリーヌ(大貫詩織)さんら教育系YouTuberにインタビューし、大きな反響がありました。

各記事では、「学びに迷いが生じた生徒や教え方のヒントが欲しい教員にとってリスクヘッジのような存在になっているとすれば、うれしい」(山崎教諭)、「出張授業や講演活動では伝えきれない内容を広く、深く、イラストなどを使って分かりやすく解説しています。出張授業の終わりに、『これ以上の内容を知りたい人は、私のYouTubeチャンネルを見てね』と声を掛けることで、アフターフォローできています」(シオリーヌさん)など、さまざまなメリットが挙げられたとともに、「学校でも教師が日々行っている授業を録画して、投稿できるようなシステムが整備されたら、とても便利になると思います。そうすれば、子供たちはその日受けた授業を復習することができるし、その場にいなかった子供たちは新たな授業に出合えて学びの選択肢が広がります」(葉一さん)などの提案もありました。

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
  • 匿名でのコメントはこちらから
Facebookコメント
Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。