幼児教育の質向上で素案 幼小連携強化や人材確保求める

文科省の「幼児教育の実践の質向上に関する検討会」は2月17日、第8回会合を開き、事務局から議論まとめの素案が示された。幼稚園教育要領に基づいた教育活動の促進や幼小連携の強化、外国人幼児や障害のある幼児への配慮を充実。また、幼稚園教諭の人材確保や指導力向上に向けた施策の必要性も盛り込んだ。

素案では、昨年から始まった幼児教育・保育の無償化に伴い、幼児教育の質の向上を求める声が高まっているとして、実践の改善・充実を強調。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。