3月に「科学の甲子園」全国大会 出場チーム決まる

全国の高校生が学校対抗で科学の知識や課題解決力を競う「第9回科学の甲子園全国大会」の出場チームが決まり、科学技術振興機構(JST)は2月18日、都内で記者会見を開き、課題となる事前公開競技など開催概要を発表した。全国大会は3月20~23日にさいたま市で開催され、表彰式にあわせた特別シンポジウムには、2019年にノーベル化学賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェローがパネリストとして参加する。

同大会は、科学好きのすそ野拡大と、トップ層の学力をさらに伸ばすことを目的に毎年行われている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。