中国の教員研修は240時間超 アジアの英語教育を調査

アジア諸国の英語教育について調査した全国都道府県教育長協議会総合部会は2月18日、研究報告書を公表した。中国、台湾、タイ、ベトナム、韓国の英語教育についてまとめたほか、英語教育や教員研修の質が高いことで知られるマレーシアは視察調査も行った。

同報告書によると、中国では▽小学3年生から必修で、専科教員が担当▽小学校から高級中学までの英語力の到達目標を9級(レベル)で設定▽現職英語教員研修を5年ごとに計画し、240時間以上実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。