「みらプロ」の成果を報告 プログラミング必修化で普及

 来年度から始まる小学校でのプログラミング教育必修化を前に、「未来の学び プログラミング教育推進月間」(通称みらプロ)の取り組み成果に関する記者発表会が2月18日、文科省で開かれた。文科省、総務省、経産省による「未来の学びコンソーシアム」のウェブサイトで指導案などの授業コンテンツを公開するとともに、「小学校プログラミング教育の手引」第3版に実践例を掲載するなどし、学校現場に普及を図る。来年度の「みらプロ2020」も同日から募集を開始した。

 小学校のプログラミング教育の機運を醸成する目的で今年度から始まった「みらプロ」は、企業と連携して、「総合的な学習の時間」などでプログラミングを学びながら身近な社会の問題解決につなげる授業コンテンツを開発。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。