「みらプロ」の成果を報告 プログラミング必修化で普及

来年度から始まる小学校でのプログラミング教育必修化を前に、「未来の学び プログラミング教育推進月間」(通称みらプロ)の取り組み成果に関する記者発表会が2月18日、文科省で開かれた。文科省、総務省、経産省による「未来の学びコンソーシアム」のウェブサイトで指導案などの授業コンテンツを公開するとともに、「小学校プログラミング教育の手引」第3版に実践例を掲載するなどし、学校現場に普及を図る。来年度の「みらプロ2020」も同日から募集を開始した。

「みらプロ2020」で新たに協力する企業の関係者と、文科省の中川哲プログラミング教育戦略マネージャー(右から2人目)

小学校のプログラミング教育の機運を醸成する目的で今年度から始まった「みらプロ」は、企業と連携して、「総合的な学習の時間」などでプログラミングを学びながら身近な社会の問題解決につなげる授業コンテンツを開発。会社訪問や企業が配信する動画教材を活用するなどして、小学校でのプログラミング教育の実践につなげた。

この日の記者会見では、佐川急便と連携して宅配便の仕組みを学んだ東京都足立区立大谷田小学校の取り組みを、同区教委の西野厚指導主事が報告。小学5年生の児童が、社会科の「運輸」の単元と合わせ、「総合」の時間でプログラミングを学んだり、実際に配送センターに行き、荷物が仕分けされるプログラムを観察したりしながら、実際に荷物が配送されていくシステムをプログラミングで再現した。

西野指導主事は「プログラミングをしながら、社会科の狙いもしっかり定着した。子供も教員も楽しみながら取り組んでいたのが印象的だった。プログラミング教育が必修化されるが、教育委員会として、プログラミング教育の定着に向けた支援をしていきたい」と成果を振り返った。

これらの成果を踏まえ、2月18日に公開された「小学校プログラミング教育の手引」第3版では、「総合」でのプログラミング教育の実践例を拡充し、「みらプロ」での実践事例を反映させた。

プログラミング教育の必修化を迎える2020年度も「みらプロ」は継続。19年度は9月を推進月間と位置付けていたが、必修化に伴い通年で取り組むこととし、協力企業も新たにデジタルサイネージの制作で知られる「しくみデザイン」と、ゲームの「ポケットモンスター」のプロデュースなどを行う「ポケモン」の2社が加わる。

「しくみデザイン」代表取締役の中村俊介さんは「文字を使わない『Springin(スプリンギン)』というプログラミングツールを開発した。子供たちにはスプリンギンを使いながらみんなでデジタルサイネージを作り、さらに人に使ってもらうまでの全てを体験してもらいたいと考えている」と意気込んだ。

「みらプロ2020」への応募は「未来の学びコンソーシアム」のウェブサイトで受け付けている。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集