【教科担任制】教員免許状の小中併有 柔軟な制度を要望

中教審の教員養成部会は2月18日、第112回会合を都内で開き、小学校高学年での教科担任制の導入を踏まえた、小学校と中学校の教員免許状の併有について検討した。教育委員会や大学が教科担任制の取り組みなどを紹介したとともに、免許状を併有しやすくする柔軟な制度を要望する声が上がった。

会合では、小学校専科教員を多く採用している東京都教育委員会と、一部の小学校で中学校教員が小学校に異動し、学級担任を受け持つ「一部教科担任制」を導入している北九州市教育委員会、教職課程で小中の教員免許状の併有プログラムを推進している玉川大学が報告を行った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。