筑波大附属インクルーシブ授業 橋本五輪相が視察

「心のバリアフリー」をテーマにした筑波大学附属大塚特別支援学校(柘植雅義校長、幼児児童生徒73人)と同大附属小学校(甲斐雄一郎校長、児童750人)の共同交流学習が2月19日、開催され、橋本聖子東京オリンピック・パラリンピック大臣が視察した。大塚特別支援学校に設置されているプロジェクションマッピングを取り入れた「ミライの体育館」を舞台に、児童らはゲームを楽しみながら交流を深めた。

参加したのは大塚特別支援学校1~6年生23人と、同小5年生30人。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。