公立小中高のいじめ認知 約7割増の5万件超、東京都

2018年度に都内の公立小中高と、特別支援学校において認知されたいじめの件数は、前年度比67%増の5万1912件(前年度3万1049件)となり、小中高で増加した一方で、特別支援学校では減少した。また、小中学校合わせた不登校件数は、同18%増の1万4188件(同1万1988件)で、小中ともに13年度以降増加し続けていることが、都教委の調査で2月20日までに分かった。

 都内の公立学校を対象に、「2018年度の児童・生徒の問題行動および不登校などの実態」について調べたもので、小学校1280校(児童総数58万4706人)、中学校624校(生徒総数22万7798人)、高校192校(生徒総数13万8489人)、特別支援学校62校(児童・生徒総数1万2524人)が対象。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。