教育現場に科学を 大学・教委がPJ成果を報告

心の発達の視点から不登校やいじめ問題の解決を目指す文科省の委託事業「子どもみんなプロジェクト」の報告会が2月20日、千葉大学(千葉市中央区)であった。学校現場での追跡調査の解析や、認知行動療法に基づく不安予防の教育プログラム実践、学校風土を変えるアプローチなど、5年間の科学的根拠に基づく研究と取り組みの成果が発表された。

「子どもみんなプロジェクト」は文科省委託事業として2015年にスタート。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。