【新型肺炎】 高校入試会場での感染症対策の徹底を通知

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の国内での感染が広まる中、文科省は2月19日、高校入学者選抜の試験会場での、感染症対策の徹底を求める対応方針を通知した。▽試験会場の清掃やアルコール消毒、こまめな換気の実施▽試験会場へのアルコール消毒液の設置▽咳(せき)エチケットや手洗いの励行の呼び掛け――などを可能な範囲で行うよう求めた。また、入学志願者や保護者に対する必要な情報提供や相談対応に努めるよう促している。

通知では、新型肺炎への感染または感染が疑われた生徒に対して、受験機会を十分に確保する必要があるとして、中国から帰国した生徒に限らず、追試験などを検討するよう促した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。