議論の的は「質」確保 幼児教育・保育で国際シンポ開催

幼児教育・保育に従事する保育者(幼稚園教諭、保育士などに相当)を対象に、経済協力開発機構(OECD)による初の国際比較調査の結果を受け、国立教育政策研究所(国研)は2月20日、OECDやノルウェー、韓国の当局者が参加する国際シンポジウムを開いた。各国の共通点として、幼児教育の質を高めるために社会情緒的発達を促す実践を重視する傾向があることなどが報告される一方、日本の特徴として、子供の心情を丁寧に見つめて質を高めていく手法や、幼小接続の意識が相対的に高いことなどが指摘された。日本の幼児教育・保育を国際的な視点で論じる貴重な機会となった。

この国際比較調査は昨年10月にOECDが公表した「国際幼児教育・保育従事者調査」(TALIS Starting Strong)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。