【新型肺炎】卒業式の一律中止は求めず 文科相が見解

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大を受け、各地で大規模なイベントの開催自粛が相次ぐ中、萩生田光一文科相は2月21日の閣議後会見で、学校の卒業式については一律に中止を求めないとする見解を明らかにした。新型肺炎の子供への感染を巡っては同日、北海道内で新たに小学生2人の感染が確認された。

会見で萩生田文科相は「小中学校における卒業式は、これまでの学校生活を振り返りながら新しい生活への転換の動機付けとするための、かけがえのない節目の行事だと思っている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。