125件のハラスメント認定 神戸市教員いじめで報告書

神戸市立小学校で20代の教員が同僚の教員から深刻なハラスメント行為を受けていた問題を巡り、同市教委は2月21日、2017年からの2年半で、加害教員や前任の校長が被害教員に対して行った125件のハラスメント行為などを認定した、調査委員会の最終報告書を公表した。これを受け同市教委では、2月中にも加害教員らの処分を検討する方針。

調査委では、同僚教員や管理職へのヒアリング、被害にあった20代男性教諭が提出した19通の書面などを基に、教員らの行為がハラスメントに当たるかを判断した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。