「社会通念上は専門職で、労働法制とズレ」 シンポで指摘

「教育の専門性と勤務時間管理」と題した公開シンポジウムが2月22日、都内で開催された。主催は日本スクール・コンプライアンス学会。教員の勤務時間管理をテーマに、研究者や現場教員、弁護士らが意見を交わした。

はじめに同学会会長を務める日本女子大学の坂田仰教授が「教員の専門性と働き方改革の間にあるジレンマ」と題して問題提起し、「働き方改革は『労働基準法や給特法などの法令順守』と『労働生産性の向上』の2つの目標によって推進されているが、これらが学校現場に落とし込んだ時に矛盾が発生する」と指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。