【新型肺炎】千葉と北海道で教諭が感染 休校に

千葉市は2月22日、同市立中学校の60代女性教諭が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に感染していたと発表した。教諭の感染確認は全国初で、同市教委は25日、同校を3月4日まで休校とすることを明らかにした。24日には北海道が、江別市立中学校の50代男性教諭が新型肺炎に感染しており、同校を3月6日まで休校にすると発表した。

千葉市の発表によれば女性教諭は12日、吐き気を感じたため休暇を取り医療機関を受診して、風邪と診断された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。