【新型肺炎】積極的に臨時休校を 文科省が通知

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)を巡って、文科省は2月25日、地域全体の感染拡大を防ぐ目的で、感染者のいない学校でも積極的に臨時休校などを検討するよう求める通知文を、各都道府県教委あてに出した。学校関係者にも感染が広がっていることを受け、教職員自身の健康状態への厳格な対応や、休校期間中の児童生徒の学習面の配慮など留意事項をまとめた。

さらに、政府が同日に示した「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」では、学校関係者の感染について、各自治体の保健衛生部局と教委らが適切に情報共有することなどを求めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。