全教員に特別支援教育の専門性必要 文科省有識者会議

これからの特別支援教育の在り方を検討している文科省の有識者会議は2月25日、第6回会合を開き、特別支援教育を担う教員の専門性に関する論点案について議論した。特別支援教育のニーズは、特別支援学校だけでなく、小中学校でも重要度を増していることから、論点案では、あらゆる教員に特別支援教育に関する専門性が求められるとし、採用や研修、人事異動での配慮や改善を求めた。

特別支援教育を担う教員の専門性を巡っては、特別支援学校の教員における特別支援学校教諭免許状の保有率は2018年度時点で8割に上っているが、小中学校の特別支援学級では3割にとどまっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。