【新型肺炎】式典中止や春休み前倒し相次ぐ 教委など発表

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大で、教委や自治体、大学などが2月26日までに相次いで、卒業式・入学式の中止や縮小、春休みの前倒し、時差通学、合格発表の掲示取りやめなどを発表した。

卒業式については、小中学校では北海道教委が、卒業証書の授与を代表のみにするなどの時間短縮や、出席者を制限するよう求めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。