【新型肺炎】市町村に休校要請 感染拡大で、北海道教委

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者増加を受け、北海道教委は2月26日までに、道内の市町村に向けて、学校の臨時休校を通知で要請した。

北海道では、同日時点で小学生や学校の教職員を含む35人の感染が確認されており、鈴木直道知事は25日の北海道感染症危機管理対策本部会議で佐藤嘉大・教育長に対し、市町村立学校の休校を含めた検討を求めていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。