脳科学と指導巡り麹町中が発表 工藤校長「メタ認知が鍵」

学校改革で知られる工藤勇一氏が校長を務める東京都千代田区立麹町中学校が2年越しで取り組んできた、脳科学を活用した教育環境や指導方法を巡る校内研究発表会が2月26日、文科省内で行われた。脳神経科学の専門家が脳の心理的安全性とメタ認知の関係について説明した後、同校の教員が実践事例を紹介。メタ認知と自己決定を重視したアプローチによって、子供たちが自立的に行動するようになった体験を語った。

校内研究会は、外部参加者も加わったオープン形式の研究会として昨夏から続けられてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。