【新型肺炎】保育所の対応を通知 感染あれば臨時休園

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の対応を巡り、厚労省は2月27日までに、保育園の子供や職員に感染した場合の臨時休園や卒園式、入園式の扱いについて自治体に通知した。子供が感染した場合、市区町村は保育所の臨時休園を判断する。地域で感染があった場合には、臨時休園を実施することも考えられるとした。

25日付の通知によると、新型肺炎に保育所に通う子供が感染した場合、感染した子供に発熱やせきなどの症状が見られれば、市区町村は速やかにその保育所の一部または全部の臨時休園を判断する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。