教員いじめの加害教員2人を免職 神戸市教委が処分発表

神戸市立小学校で20代教員が同僚教員から120件以上の深刻なハラスメント行為を受けていた問題で、神戸市教育委員会は2月28日、調査委員会が公表した報告書に基づき、加害教員らの処分を発表した。4人の加害教員のうち2人が免職となったほか、管理責任を問われ、校長らも処分された。

同市教委は2月21日に、2017年からの2年半の間に、加害教員や前任の校長が被害にあった教員に対して行った「激辛カレーを無理やり食べさせる」などの125件のハラスメント行為を認定した調査委員会の調査報告書を公表。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。