寺脇研氏と前川喜平氏が企画 『子どもたちをよろしく』公開

子供が置かれているやりきれない現実を直視してほしい――。元文部官僚の寺脇研・京都造形芸術大学教授と前川喜平・元文科事務次官が企画した映画『子どもたちをよろしく』が2月29日から、全国で順次公開を迎えた。公開を機に、両氏が教育新聞のインタビューに応じた。文教行政に長く携わってきた両氏が、いじめや虐待、貧困の根底にある家庭の問題にスポットを当てた作品をつくった理由を聞いた。

同作では、いじめや性的虐待、貧困に苦しみ、追い詰められていく子供たちのリアルが描かれ、観客は救われない子供たちの存在を突き付けられる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。