約半数の高校がタブレット導入 BYODも拡大

全国の高校における「ICT機器・サービスの導入状況および活用の実態」に関するアンケート調査の結果が、このほど発表された。全国の高校で、タブレット型PCを校内に1台以上導入しているのは、前年度調査比11.8ポイント増の48.0%だった。無線ネットワークを通常教室で使用できる高校は同8.5ポイント増の32.2%で、モバイル端末を利用する環境整備が進んでいる。

各高校の「ICT機器の導入・使用状況(共有含む)」(複数回答)は、「大型提示装置(電子黒板・プロジェクターなど)」を、回答校の81.0%(前年度78.5%)が導入。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。