【一斉休校】学童保育に空き教室活用 教員の支援も可能

政府の要請から全国各地で学校の臨時休校が始まったのを受け、萩生田光一文科相は3月3日の閣議後記者会見で、教育委員会などに向けて、学校の空き教室などを積極的に学童保育に活用するよう通知したと発表した。学童保育の人員確保のため、教員が学童保育などの業務を支援することも可能とした。また、文科省はホームページにポータルサイトを立ち上げ、児童生徒の家庭学習の支援を開始した。

各地での休校が始まったことを受け、萩生田文科相は「期間が短い中での準備で混乱があることは否めないが、期間や形態を含めて、各自治体でさまざまな工夫をして対応していただきたい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。