【一斉休校】「教職員のための情報サイト」を開設

「教職員のための『一斉休校』要請についての情報サイト」が3月4日までに、高知県土佐郡土佐町の鈴木大裕町議らにより開設された。

鈴木町議は「今回の異例の休校措置に対して、自治体によってさまざまな対応が取られている。このサイトは、学校現場で実際に起こっている問題とその対処について、自治体を越えて広く共有することを目的としている。事例をたくさん集めることで、対応の選択肢が広がればいい」と説明。

「首相の政治的判断が、どのように人々の生活や思いに影響を与えているのかも残していきたい」と語った。

立ち上げに関わった現職教員からも、さまざまな声が上がっている。

兵庫県西宮市立の小学校に勤務する石本日和子教諭は「子供たちや教職員にとって3月がどういうものなのか。それを考えれば、もう少しやり方が違っていたはずだ」と、北海道稚内市立の小学校に勤務する内藤修司教諭は「地域の状況を踏まえて、自主的な判断をすることが、教職員や児童生徒、保護者にとっても重要なことだ」と見方を話した。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集