【新型肺炎】 北大、北教大が後期日程入試を中止

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大が深刻な北海道で、受験生の感染リスクに配慮して、後期日程の一般入試を取りやめる国立大が続出している。3月6日には北海道大学が、12日に予定していた後期日程試験の中止を決めた。道内の国立大では北海道教育大学、帯広畜産大学、北見工業大学、旭川医科大学も4日までに後期日程入試の中止を発表している。

北海道大学は3月3日の時点では後期日程試験を行う予定で準備を進めていたが、学内に勤める事務局職員の新型肺炎感染が4日に判明し、急きょ中止に踏み切った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。