【働き方改革】現役教師が伝えたい 学校現場のジレンマ(上)

教師の過重労働がクローズアップされるようになり、学校の働き方改革が社会的な課題となっている。そんな中、現役の教師として、教師の仕事の時短術や、エビデンスに基づく学校の業務改善などの著書を執筆してきた江澤隆輔・福井県坂井市立春江東小学校教諭が、3月6日に岩波書店から新著『先生も大変なんです いまどきの学校と教師のホンネ』を出版した。学校の働き方改革を進めるために、今、教師に何が求められているのか。江澤教諭に聞いた。

学校の外に教師のリアルを知ってもらいたい
――今度出版される新著は、これまでの著書とは読者層が違うように感じたのですが。
これまで、私は同じ教師に向けて、英語教育の実践法や時短術などを伝えてきました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。