【一斉休校】非正規教職員に働く場の確保を通知 文科省

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)拡大防止のため全国の小中高、特別支援学校で続く臨時休校に関連し、文科省は3月5日付で、非正規教職員についても働く場を確保するよう求めた通知を都道府県などの教育委員会に出した。非正規教職員については臨時休校の長期化によって仕事がなくなって収入が急減したり、リストラが行われたりすることが懸念されている。

通知では、臨時休校に当たって「各地域や学校の実情に応じ,非常勤職員を含む職員全体の働く場の確保を図るとともに,組織全体としての業務体制の確保に万全を期すこと」を求めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。