【一斉休校】EdTechで学びを止めるな 佐藤教授に聞く

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による長期間の「一斉休校」では、自宅にいる児童生徒と教員をビデオ会議システムでつなぎ、遠隔授業などを始める学校や、EdTech企業が家庭学習向けにサービスを無償提供する動きが出始めている。そんな中、国内外のEdTechを推進する教育イノベーション協議会は、経産省と連携し「マナビを止めるな!プロジェクト」を立ち上げ、ロゴマークを賛同企業などに提供したり、EdTechの実証を試みたりすることを計画している。同協議会代表の佐藤昌宏デジタルハリウッド大学大学院教授に、「学校で学べない状況」におけるEdTechの可能性を聞いた。

授業は止まっても学びは止めない
――プロジェクトの狙いは何ですか。
新型肺炎の国内感染が広まり、全国の学校が長期間の休校を余儀なくされました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。