【一斉休校】校庭開放や登校日の設定は可能 文科省が見解

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大防止に伴う一斉休校を巡り、文科省は児童生徒の運動機会を提供する目的で校庭を開放したり、休校期間中に登校日を設けたりすることについて、感染防止対策をすれば可能との見解を示した。3月9日付の一斉休校に関する同省の「Q&A」に追記された。

休校期間中、学校の校庭や体育館を開放して、児童生徒が運動できるようにするのを教育委員会や学校が判断することは「一律に否定するものではない」と回答。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。