【一斉休校】貧困家庭に早期支援を キッズドア理事長

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大を防ぐため、急きょ政府から要請された「一斉休校」。子供の貧困対策に取り組むキッズドアの渡辺由美子理事長は、経済的に厳しい家庭への支援や、休校解除の基準を早期に示す必要性を指摘する。
賃金補償は3月中に支払いを

――一斉休校となった今、どんな問題を感じていますか。

学校給食がなくなったことで、保護者からは昼食やおやつの用意が大変だという声が聞こえてきます。特に経済的に厳しい家庭には、費用面の負担も重くのしかかります。新型肺炎は子供にも感染が広まりつつあるので、今回の一斉休校の是非を一概に判断するのは難しいですが、あまりにも急だったことで、こうした家庭への支援策にまで手が回っていない印象です。

また、保護者が仕事を休めない家庭の受け皿として、学童保育は夏休みと同じように朝から夕方まで開所することになりましたが、子供の密集度合いでいえば、学校よりも感染は広まりやすく、どこも感染防止対策や人手不足で大変なようです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。