【一斉休校の現場から】 オンライン登校を追究するN高校

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による一斉休校で、オンラインによる遠隔授業を始める学校が増えている。そんな中、広域通信制高校のN高校は、生徒が各地の校舎に登校して授業を受ける通学コースについて、政府の休校要請よりも前からオンラインによる遠隔授業に切り替えた。同校の上木原孝伸副校長は「オンラインでできることを究極まで突き詰めれば、校舎でしかできない学びが逆説的に見えてくる」と語る。
要請より早くオンライン登校に切り替え

N高校には、オンラインによる受講が中心のネットコースと、全国13キャンパスに日常的に登校する通学コースがある。今回、全ての授業をオンラインに切り替える決断をしたのは、約1700人が通う通学コースだった。

国内での感染が広まる中、同校は2月21日に、通学コースについて、25~28日の4日間、自宅から授業に参加するオンライン登校にすると発表。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。