東日本大震災から9年 記憶や教訓の継承に、学校は

3月11日、津波による多くの犠牲者を出した東日本大震災から9年を迎えた。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染防止のため、各地の追悼式が中止や縮小を余儀なくされた。震災の記憶と教訓を、どう継承していくか。被災地にある学校や地域の思いを聞いた。
将来の町を担う人材を育てる
津波により被災した小中学校5校を統合して新設された小中一貫の義務教育学校である岩手県大槌町立大槌学園では、1~9年生(中学3年生に相当)まで、「総合的な学習の時間」を活用した同町独自の「ふるさと科」で「震災を忘れない」授業に取り組んでいる。震災後、町がどのように復興してきたのか、復興にかける人たちの思いを知り「自分たちはどうしていかなければならないのか」を、子供たちに考えさせている。

昨年9月には、9年生の生徒が避難所運営のシミュレーションをした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。