一斉休校の法的問題点 埼玉大学・髙橋哲准教授に聞く

政府の要請を受けて始まった一斉休校措置。教育法学や教育行政を専門とする埼玉大学の髙橋哲准教授は、さまざまな法的問題点があると指摘する。休校措置決定に至る手続きや、子供と教員の健康・安全を守るという視点における、法的な問題点を聞いた。
——法的な視点で、どんな問題点があるのでしょう。
今回は首相単独での判断だと報じられています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。