【一斉休校の現場から】日割り料金化で感染防止 学童保育

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大防止に伴う「一斉休校」で、仕事を休めない保護者が子供を預ける「学童保育」に注目が集まっている。学童保育では、一斉休校によって開所時間を延ばしたり、手洗いをはじめとする感染防止策を徹底したりするなど、対応に追われている。3月中の利用料金を日割り計算に切り替えることで、利用者数を抑制し、感染防止につなげている学童保育を取材した。

現在、埼玉県戸田市と沖縄県那覇市で3カ所の学童保育を運営している「merry attic」は、合わせて100人程度の小学生が利用している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。